耐震診断

  • home
  • リフォーム
  • リフォーム事例
  • 新築注文住宅
  • 会社案内
  • お問い合わせ

HOME > 耐震診断

耐震診断

福屋工務店の耐震診断

震度6強以上の揺れによる被害 覚えていますか!あの震災 文部科学省地震調査研究推進本部リーフレット
「わが国の地震の将来予測‐全国地震動予測地図‐」より

■平成7年兵庫県南部地震


  • 阪神高速神戸線

  • 神戸市内
    防災&情報研究所撮影

■平成16年新潟県中越地震


  • 旧川口町役場付近
    新潟県西部広域消防事務組合消防本部撮影

  • 旧山古志村柱谷
    上越地域消防事務組合消防本部撮影

■平成19年新潟県中越沖地震


  • 柏崎市内

  • 柏崎市「NET・陽だまり」撮影

■平成19年能登半島地震


  • 輪島市内 輪島市撮影

不健全な建物(特にS56年以前の建物)は、安全性・耐震性が不十分であり、大地震が起きた時は逃げる間もなく急激な倒壊をし、多くの命を奪います。実際に阪神淡路大震災の死因の85%以上は家屋・家具の倒壊による圧迫死だそうです。家族の命を守る大切な住まいの健康状態を知ることが重要なのです。

■平成23年東日本大震災


  • 千葉県香取市内

  • 福島県福島市内

  • 宮城県気仙沼市内

マグニチュード9.0と発表された東北地方太平洋沖地震は、1994年の北海道東方沖地震の8.2、1995年の阪神淡路大震災の7.3を大きく上回る国内観測史上最大の地震となり、宮城県栗原市では震度7を記録しました。地震に伴って発生した大津波は、北海道から関東の太平洋沿岸へ押し寄せ、漁船、港湾施設、さらに住宅地や農地を呑み込み、大きな被害をもたらしました。

農林水産省 「東日本大震災地震と津波の被害状況」より

■平成28年(2016年)熊本地震


  • 益城町

  • 益城町安永地区

  • 健軍商店街

観測史上初めて 短期間に同じ地 域で震度7のが2回発生した大地震であり、過去の直下型地震と比較しても長期間にわたり数多くの地震が発生したことが特徴として挙げられます。多くの家屋や複数ビルが倒壊したほか、熊本県 大分の各地で土砂崩れや道路壊など甚大被害が発生しました 。

過去10年以内に震度6弱以上が24回発生!(内、震度7が3回) さらに今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率 だから 住まいの健康診断 耐震診断が必要なのです。

※調査対象エリアがございます。詳しくは最寄りの営業所までお問い合わせください。

TEL:0120-15-2982 近隣店舗はコチラ

診断工程

STEP1 ご相談・お問い合わせ

築年数や建物構造、対象案件かどうかの確認、現地調査の日程の確認等、耐震に関する質問、相談や疑問にお答えいたします。

お問い合わせ 06-6809-6516 (担当:林)

↓

STEP2 お申込・現地調査

専門のスタッフが実際の間取りや床下、小屋裏、内部の劣化状況等を調査いたします

↓

STEP3 コンピュター診断

現地調査の結果を専用のソフトに入力し、建物の総合評価を数値にして示します。


事前に改修計画のご相談をお伺いし、お客様の生活スタイルにあった補強計画を立てます。
又地震時の想定シミュレーションでのご説明も必要に応じて実施いたします。

↓

STEP4 結果の報告・説明

約一週間後、診断結果に基づき、今の建物状態と補強計画案をご説明いたします。
※補助金制度がある地域もございます。ご相談下さい。


 ページのトップへ

福屋工務店

リフォーム・マンションリフォーム・新築注文住宅のことならFUKUYAのリフォームナビにお任せください。
大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県そして福岡県にも地域に根ざしたエリア展開、リフォーム工事は年間約4,000件、新築注文住宅は年間150棟の工事実績を持つ当社が、リフォームや新築注文住宅に関する不安や疑問を全て解決いたします!

TEL:0120-15-2982
近隣店舗はコチラ
お問い合わせ