よくある質問

  • home
  • リフォーム
  • リフォーム事例
  • 新築注文住宅
  • 会社案内
  • お問い合わせ

HOME > FUKUYAのリフォーム > よくある質問

こんなお客様からのご質問にお答えします。

庭の芝生が荒れている

芝生には、見た目がきれいなだけではなく、雨で庭土が流れるのを防いだり、乾燥期の土ぼこりや強い日差しの照り返しを防ぐ働きもしています。葉先が伸びると、日が当たらない根もとの葉が枯れるので、こまめに刈るようにし、年に1~2回は芝の上に砂を1センチほどまきましょう。また、3~5年に1回、フォークで穴をあけたりスコップですじ状に間引きしてやると根が広がり、芝生が若返ります。

ダニが出ている

畳の緑に白い粉のようなものが動いているのがダニです。畳にダニ殺虫剤を注入するか、市販の防虫紙を畳の下に敷いて駆除します。ダニは湿った畳を好むので、半年に1回くらい畳を上げて日光に当てるようにしましょう。ただしイエダニはネズミに寄生するので寄生主であるネズミを退治しましょう。

耐震診断とは何のことですか?

 阪神淡路大震災以来、既存木造住宅の耐震化が強く叫ばれるようになりました。
特に住宅ストックは4400万戸、うち1400万戸が現行の耐震基準に満たない、その最も多くの部分を占めているのが、木造住宅であると言われています。
 その基準を判定するものが、『既存木造住宅の耐震診断』というものです。

 弊社でも 既存木造住宅の耐震診断を行っています、費用は別に必要となりますが、ご用命下さいませ。(行政による補助がありますので、とても利用し易くなっています。) (続きを読む…)

断熱工事 吹き付け

当社の新築工事で吹き付け断熱工事を行いました。

 

仕上がりはこちらです。

DSCN3710

 

 

 

 

 

 

 

 

吹き付け断熱は密着性が良く、気密性が高いのが特徴です。

工程は、断熱施工前に、電気配線・ガス配管・水道配管を仕込みます。

更に屋根換気をする為にダンボールの施工や、木下地を先に入れます。

そして施工日当日養生を行います。

DSCN3630

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材が化粧面につかないようにするためです。

 

施工時、断熱材の厚みが規定通りか測定します。

DSCN3712

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の断熱材の厚みは75mmです。

 

滋賀営業所

 


リフォームトップへ戻る  ページのトップへ

リフォーム・新築注文住宅なら福屋工務店にお任せ!

リフォーム・マンションリフォーム・新築注文住宅のことならFUKUYAグループのリフォームナビにお任せください。
大阪・京都・兵庫をはじめ、30社以上の店舗展開、年間3,000件以上の工事実績を持つ当社が、リフォームに関する不安や疑問をすべて解決いたします!!

TEL:0120-15-2982
近隣店舗はコチラ
お問い合わせ