よくある質問

  • home
  • リフォーム
  • リフォーム事例
  • 新築注文住宅
  • 会社案内
  • お問い合わせ

HOME > FUKUYAのリフォーム > よくある質問

こんなお客様からのご質問にお答えします。

Pタイルがはがれる、欠ける

交換したいPタイルを平タガネなどではがして、下地に残っている古い接着剤を落とします。新しいPタイルは、裏紙をはがしてコーナーから接着します。接着剤がついていないPタイルは、下地タイルコンクリート用接着剤を塗ってはめこみ、はみ出した接着剤を拭き取って、5~6時間重しをのせておくと上手に貼れます。

柱と壁との間にすきまができる

壁がやせてきて柱との間にすき間ができた時は、しっくい壁なら壁用パテ、モルタル壁やコンクリート壁なら充てん剤で埋めましょう。補修部分に水分を含ませておくとパテの食いつきがよくなります。パテは白色なので壁の色に合わせて水彩絵具で着色できます。補修したあと凹凸が目立つ場合は、サンドペーパー(240~320番)をかけてください。

柱がひび割れている

木材専用のパテで埋めます。このパテは木材に合わせて色が選べるので、柱だけでなく木製家具のひび割れや傷の補修にも使えます。埋めたあと、サンドペーパー(100番)でこすって表面をきれいにします。

壁全体が汚れている

こびりついた汚れの落とし方は、壁の材質によって大きく違ってきます。プラスチックなどの化学化粧合板の汚れは住宅用洗剤で拭き取ります。落ちにくい汚れは、洗濯用の漂白剤を2~3倍に薄めて、固くしぼったぞうきんで拭きます。この時、板やクロスの継ぎ目に漂白剤が入ると、はがれやすくなってしまいます。しっくい壁やモルタル壁は水分がしみ込むと壁がはがれやすくなりますので注意して拭きましょう。壁ぎわのスイッチまわりの汚れは、砂消しゴムや目の細かいサンドペーパー(400番)でこすると落ちます。ごく小さい汚れなら、上から白チョークでこすれば目立たなくなります。クロス壁のしみは、すぐに取ってしまいましょう。しみがついたらティッシュなどで押さえて水分や油分を吸い取ります。次に新しいティッシュをしみの部分にあて、台所用洗剤を固くしぼった布で上からポンポンとたたき、汚れが浮いてきたら新しいティッシュで吸い取るのを数回繰り返してください。

柱が汚れている

白木の柱の汚れや日焼けは、サンドペーパーをかまぼこ板などに巻いてこすり落とします。最初は粗目(150~240番)、次に細目(800番)のサンドペーパーで仕上げます。または白木専用の漂白洗剤を、ハケで汚れている部分に塗り、ブラシでこすって汚れを落とします。最後に白木用のニスを塗っておくと、汚れがつきにくく、その後の手入れも楽になります。

サッシにさびが出る

白い粉状や斑点のさびはスプレー式の防さび潤滑剤か、車のアルミホイールクリーナーを吹きつけ、柔らかい布で拭き取ります。黒いさびは細かいサンドペーパー(600番以上)でこすり取ります。最後にアルミ用コーティング剤を塗っておきましょう。サッシは、枠上部についているハズレ止めビスをゆるめると簡単にはずせます。

網戸が汚れている

こびりついた汚れは、住宅用洗剤をぬるま湯で30倍くらいに薄め、柔らかい布に浸し固くしぼったものを2枚用意し、両側からたたくようにして落とします。

ドアの開閉が速すぎる、遅すぎる

ドアの上についているドアクローザー本体の調節ねじを回して、ドアの開閉速度を調節します。お子さんのいる家ではなるべくゆっくりしまるように調節しましょう。

ふすまや障子のすべりが悪い

敷居にロウを塗るか敷居テープを貼ります。それでも直らない場合は戸をはずして鴨居の溝をサンドペーパー(80番)で削ります。すべり具合を試しながら少しずつ削っていきましょう。溝幅に合った木片にサンドペーパーを巻きつけると作業しやすくなります。

鍵の抜きさしがスムーズにいかない

エンピツの芯を粉にして鍵にまぶして数回抜きさしすると、スムーズになります。油やシリコンスプレーをさすと、ほこりがついてさらに調子が悪くなるので、絶対に使用しないでください。

リフォームトップへ戻る  ページのトップへ

リフォーム・新築注文住宅なら福屋工務店にお任せ!

リフォーム・マンションリフォーム・新築注文住宅のことならFUKUYAグループのリフォームナビにお任せください。
大阪・京都・兵庫をはじめ、30社以上の店舗展開、年間3,000件以上の工事実績を持つ当社が、リフォームに関する不安や疑問をすべて解決いたします!!

TEL:0120-15-2982
近隣店舗はコチラ
お問い合わせ