よくある質問

  • home
  • リフォーム
  • リフォーム事例
  • 新築注文住宅
  • 会社案内
  • お問い合わせ

HOME > FUKUYAのリフォーム > よくある質問

こんなお客様からのご質問にお答えします。

浴槽が汚れる

ホーロー、ステンレス、FRPの場合は、お風呂用洗剤で洗います。タイル浴槽は漂白剤入りクレンザーやお風呂用の酸性洗剤を使います。木製浴槽は、スポンジでさっと水洗いし、汚れやすい水位部分だけタワシで軽くこすります。時々、漂白剤入りクレンザーで洗いましょう。

タイルの目地がひび割れる

まず古い目地を硬いものでかき落とし、よく洗い、ヘアドライヤーで十分に乾かします。タイルの浴槽や床にはシリコン系またはアクリル系充てん剤、壁面には油性系充てん剤を使います。ひび割れや目地落ちが広範囲にわたっている場合は、タイル用目地セメントが便利です。目地のひび割れや欠け落ちを放置するとタイルがはがれる原因になるので、すぐに補修しましょう。

風呂釜が汚れる

風呂釜の内部についた湯アカは、市販の風呂釜洗剤で掃除します。入浴後の浴槽に入れて、釜に点火し循環させてから、ひと晩そのままにしておくときれいになります。循環パイプに差しこんで使うスポイト状の湯アカ取り器もあります。

シャワーの水がもれる

ハンドルを締めても水がとまらない場合や、シャワーホースの接合部分の水もれはパッキングを交換すれば直ります。パッキングのサイズはほとんどが外径19ミリですが、サイズが異なる場合、市販のパッキング用丸板ゴムを切って使います。

洗面所の排水管に青さびが出る

クロームメッキ用のさび取り剤で磨きます。クレンザーでこするとメッキ部分に細かい傷がつきますので使わない方がいいでしょう。さび取り剤を歯ブラシにつけてよくこすり、5~10分おいてから濡れぞうきんで何回もゆすぎながら拭き取ります。

洗面台が汚れる

さびの跡やしみなど、クレンザーやお風呂用洗剤で落ちない汚れは、漂白剤をつけてこするとよく落ちます

洗面台と壁の間にすき間ができる

すき間に沿ってマスキングテープを貼り、洗面台と壁が充てん剤で汚れないようにしておきます。次にすき間にシリコン系の充てん剤を埋めていきます。充てん剤をヘラでならしたら、硬化しないうちにマスキングテープをはがしてください。

洗面台がつまる、水はけが悪くなる

洗面台に水を張り、内側上部にある、あふれ防止用の排水口にぞうきんをつめてから、吸引カップで押し流します。どうしても取れない場合は、排水管のトラップ(臭い防止のための水ため)をはずして、内部にたまったごみを掃除します。ただし、専門的な知識や道具が必要なので、DIY(日曜大工)のお店か修繕業者などに相談した方がいいでしょう。

水洗トイレの水が流れてこない

ロータンク内の鎖がはずれている場合は、鎖をもとに戻しましょう。浮き玉がタンクの内壁にひっかかって下がらない時は、タンク内に水を注ぐと直ります。それでもひっかかるようなら、浮き玉の支持棒を少し曲げて、内壁から離れるようにしましょう。

パイプに青さびが出る

洗面所のバイプの青さびと同様の処置をしてください。

リフォームトップへ戻る  ページのトップへ

リフォーム・新築注文住宅なら福屋工務店にお任せ!

リフォーム・マンションリフォーム・新築注文住宅のことならFUKUYAグループのリフォームナビにお任せください。
大阪・京都・兵庫をはじめ、30社以上の店舗展開、年間3,000件以上の工事実績を持つ当社が、リフォームに関する不安や疑問をすべて解決いたします!!

TEL:0120-15-2982
近隣店舗はコチラ
お問い合わせ