よくある質問

  • home
  • リフォーム
  • リフォーム事例
  • 新築注文住宅
  • 会社案内
  • お問い合わせ

HOME > FUKUYAのリフォーム > よくある質問 > 新築

こんなお客様からのご質問にお答えします。

土地が狭いけど対応してもらえるの?

狭小の敷地や、変形の敷地こそ特性に応じたプランができます。

前の道路が狭いけど、家は建てられるの?

前面道路の幅が4m未満の場合は注意が必要です。道路中心線から2mの部分は道路とみなされるので、その部分には建築できません。

他社で設計した図面で施工は可能なの?

必ずしも当社の設計でなければならないという事はありません。

土地も一緒に探してもらえるの?

福屋工務店は不動産仲介が充実しております。ご希望のプランにあった土地探しができます。

間取りや建物の外観は自由に決められるの?

自由です。間取りは、建築地の敷地の形状や大きさ、ご要望にあわせてプランを提案させていただきます。和風、洋風、モダンなどお好みのイメージがありましたら、雑誌の切り抜き等をお持ちください。

木造住宅は火災に弱そう・・・

木造の構造材は、初期火災で表面が炭化すると炭状の膜ができ、芯まで燃え尽きるまでにかなりの時間を要します。それに比べ、鉄骨などは火災時の高温で構造材が変形して強度を保てなくなりますので、木造だから火災に弱いという事はありません。

実際の施工物件は見られるの?

こちらのスケジュールにもより、全ての物件というわけではありませんが、ご要望がありましたら過去のお客様にご協力いただいて、拝見させていただくこともできます。

予算の相談もできるの?

夢の住宅を実現するのに、予算の計画なしでは出来ません。一般的にはどなたでも総費用の予定はもたれています。住宅の規模にも設備の希望にもより、予算よりもオーバーすることもありますが、今までの例を出しながら、予算に対して提案させていただきます。

断熱工事 吹き付け

当社の新築工事で吹き付け断熱工事を行いました。

 

仕上がりはこちらです。

DSCN3710

 

 

 

 

 

 

 

 

吹き付け断熱は密着性が良く、気密性が高いのが特徴です。

工程は、断熱施工前に、電気配線・ガス配管・水道配管を仕込みます。

更に屋根換気をする為にダンボールの施工や、木下地を先に入れます。

そして施工日当日養生を行います。

DSCN3630

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材が化粧面につかないようにするためです。

 

施工時、断熱材の厚みが規定通りか測定します。

DSCN3712

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の断熱材の厚みは75mmです。

 

滋賀営業所

 


リフォームトップへ戻る  ページのトップへ

リフォーム・新築注文住宅なら福屋工務店にお任せ!

リフォーム・マンションリフォーム・新築注文住宅のことならFUKUYAグループのリフォームナビにお任せください。
大阪・京都・兵庫をはじめ、30社以上の店舗展開、年間3,000件以上の工事実績を持つ当社が、リフォームに関する不安や疑問をすべて解決いたします!!

TEL:0120-15-2982
近隣店舗はコチラ
お問い合わせ